仮想通貨を持っている芸能人まとめ
ホーム > 仮想通貨基礎知識 > 【仮想通貨基礎知識】仮想通貨って何?

【仮想通貨基礎知識】仮想通貨って何?

仮想通貨とは?

最近よく耳にする、仮想通貨って何でしょうか?また、同じくよく聞くビットコインというのも気になりますよね。仮想通貨とビットコインは違うものなのでしょうか?そもそも仮想通貨って何なのでしょう?

仮想通貨とは、文字通り仮想の通貨。つまり実態の無い通貨のことです。普段私たちが使っている「お金」「通貨」は、紙幣であったりコインであったり、目に見える物体ですよね。仮想通貨には、お金のように紙幣やコインという形に見えるものは存在しません。全てインターネット上のデータとしてしか存在しないものです。また、仮想通貨はしばしば「暗号通貨」と表現されることがありますが、仮想通貨という名称は、日本語であり、海外では主に暗号通貨(Cryptocurrency)という用語が使用されています。つまり、仮想通貨と暗号通貨は同じものです。

仮想通貨とは、デジタルやデータがどうというよりも、「特定の国が発行や管理をしない通貨」と考えるのが適切です。ですので、詐欺まがいの仮想通貨も存在してしまうのは事実です。

ビットコインって何?

ビットコインは、仮想通貨の1種です。お金に円やドルがあるように、仮想通貨にもさまざまな種類があります。現在発行されている仮想通貨の種類は1000種類を超えるとも言われています。その中には、残念ながら信用できない仮想通貨もあります。そんな中でビットコインは、仮想通貨の中で特に知名度があり、一番代表的な仮想通貨がビットコインであると言っても良いでしょう。日本のお金は、単位は円ですがビットコインの単位は「BTC」と言います。

誰が考えたの?

では、仮想通貨は一体だれが発案したのでしょうか?この仮想通貨の仕組みは、2008年にサトシ・ナカモトという方が構想し論文で発表しました。論文には、ビットコインという新しいお金と、その取引を記録する「ブロックチェーン」という仕組みについて書かれています。この論文をもとに、仮想通貨・ビットコインが普及するようになりました。しかし、このサトシ・ナカモトという方が一体どこの誰なのかは未だに不明です。

お金として使えるの?

仮想通貨も、通貨と言うくらいですからお金と同じように物を購入したり、貯蓄したり、円やドルと同じように取引することが可能です。世界的にはまだまだ通貨同様に使えるわけではありませんが、仮想通貨やビットコインで決済できる店舗やレストランも徐々に増えてきています。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする