仮想通貨を持っている芸能人まとめ
ホーム > 仮想通貨基礎知識 > 【仮想通貨基礎知識】売買以外で仮想通貨を入手しよう!

【仮想通貨基礎知識】売買以外で仮想通貨を入手しよう!

仮想通貨を「採掘」する!?

仮想通貨を入手するには、一般的には取引所に口座を開設し、そこに投資資金を入金して仮想通貨を「購入」するのが普通です。しかし、実はこれ以外にも仮想通貨を入手できる方法があるのです。それが採掘です。採掘は、「マイニング」と呼ばれる行為で、パソコンやスマートフォンがあれば誰でも行うことが可能です。

採掘(マイニング)の仕組み

復習になりますが、仮想通貨の管理は、一定期間ごとにすべての取引記録を取引台帳に追記することで整合性を管理しているのでしたね。この取引台帳のことを、ブロックと呼びそれを繋いだ状態で管理されているのでブロックチェーンと呼ばれる技術であるということでした。このシステムのお陰で中央管理する機関を必要とせずに正当性を保つことができています。

取引台帳データの整合性を確かめる作業は、コンピューターによる計算で実現できます。しかし、その作業は膨大な計算量となります。そこでビットコインを始めとする仮想通貨では、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。つまり、ブロックチェーンに参加することで、台帳を管理する管理者の一人となり、つまりはコンピューター提供者ともなるのです。

でも、単に自分のコンピューターを無料で貸すなんて何のメリットもありませんよね?そこで、報酬として仮想通貨が支払われる。これを「採掘」と呼んでいるのです。もっと簡単に言えば、台帳管理のアルバイト代として仮想通貨が支払われると言ったところでしょうか。

マイニングってどうやるの?

マイニングとはブロックチェーンに正確な新規取引を記録することです。マイニングをするためには、無料で配布されているプログラムをコンピューターにインストールするだけで、コンピューターが自動的に計算することで可能になります。

マイニングのリスクとは?

先ほど、マイニングは誰にでもできるとお伝えしましたが、厳密に言いますとそういうわけではありません。というのも、現在ではマイナー(マイニングをする人)希望者が続出しており、参入については激化しています。ですので、マイニングをして仮想通貨を入手しようとした場合は、計算能力の高いパソコンが別途必要ですし、電気代もかなりかかります。また、報酬をもらえるのは、計算により最も速く新しいブロックを生成した人のみです。 このような状況から、まるで金を採掘するようなイメージであると「採掘」と呼ばれるようになりました。

仮想通貨の新規発行はこのマイニング方法以外に存在しません。そのため、仮想通貨の発展を信じる人達がマイニング活動に力を注いでいるのです。マイニング用の高度な計算能力を持つパソコンを購入したり、1日中電気をつけっぱなしにしておくなど、マイニングには実は非常にコストがかかります。いわば、マイニングも「先行投資」と言えるでしょう。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする