仮想通貨を持っている芸能人まとめ
ホーム > 仮想通貨基礎知識 > 【仮想通貨基礎知識】知っておこう!2つの事件

【仮想通貨基礎知識】知っておこう!2つの事件

仮想通貨世界での2大事件簿

仮想通貨が流通し始めて、まだ間もないですが大きな事件がすでに2件起きています。この事件により、仮想通貨が無くなったというわけではありませんが、これらの事件を知っておくことで、仮想通貨で取引される方がご自身で注意し、学んで頂きたいと思います。仮想通貨を楽しむのは自己責任で行わなければなりません。

マウントゴックス事件

仮想通貨を取り扱う取引所は、世界中にたくさんあります。そのうちのマウントゴックス取引所という取引所で事件が起こります。マウントゴックスは、ビットコインを扱う仮想通貨取引所でした。2014年に、巨額のビットコインと顧客からの預かり金が消失してしまいます。

マウントゴックスのサーバーがサイバー攻撃を受けてしまい、ハッキング被害に遭ったことで、ビットコイン約75万BTC(当時のレートで約480億円)と、顧客がビットコインの売買の資金として預けていた現金28億円が消失してしまいました。

このことにより、マウントゴックスは事実上経営破たん。同年東京地裁に民事再生法の申請を行っています。しかし、事件の真相はいまだ不明です。第3者からのハッキングであるとも言われていますし、実は内部の犯行(横領)だとも言われています。ただし、マウントゴックス取引所が被害に遭っただけであり、ビットコインの仕組み自体が犯罪に遭ったわけではありません。

コインチェックNEM流出事件

こちらはつい最近起こった事件です。この時点で多くの芸能人や著名人が被害に遭ってしまい、連日ニュースで取り上げられていましたね。さて、この事件のことをお話しする前に、NEM流出事件を語る上で出てくる言葉があります。それは「NEM(ネム)」と「XEM(ゼム)」です。NEMとXEMって何でしょうか?この二つはどう違うのでしょう?

ざっくり説明しますと、NEMとはブロックチェーンのような「技術」のことで、XEMはそこから生まれた仮想通貨を意味します。

コインチェックとは、取引所の名称です。コインチェック取引所は、さまざまな仮想通貨を扱っていました。ビットコインをはじめ、イーサリアム、リップルといった仮想通貨を扱っていましたが、取り扱い仮想通貨の中で「NEM」という仮想通貨が被害に遭います。

2018年1月26日に、何者かによる不正アクセスにより、顧客26万人分の「NEM」5億2000万通貨(約580億円相当)が流出してしまったのです。これがコインチェックNEM流出事件です。コインチェック取引所は、現在営業を停止しています。もちろん事件の解決はしていません。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする