仮想通貨を持っている芸能人まとめ
ホーム > 仮想通貨基礎知識 > 【仮想通貨基礎知識】ブロックチェーンについて

【仮想通貨基礎知識】ブロックチェーンについて

ブロックチェーンとは何か?

現在でもそうですが、重要な情報を複数の企業や機関をまたいで取引する場合には、ひとつひとつの処理に多くの時間を費やしています。また、これには多大なコストがかかってしまっています。しかし、安全に取引を行う為にはこの工程を省くことはできませんでした。そこで、注目されたのが「ブロックチェーン」というテクノロジーです。ビットコイン=ブロックチェーンと紐づけて考えられていることが多く、それはある意味間違いと言うわけではありませんが、ブロックチェーンは「技術名」であると考えた方が良いでしょう。では、ブロックチェーンとはいったいどのような技術なのでしょうか?

ブロックチェーンの技術とは?

ブロックチェーンは、2008年にビットコインの中核技術として開発された技術です。別の項でもお話しております通り、ビットコインの流通ではブロックチェーン上で日々膨大な取引が行われています。しかし、現在に至るまで一度もデータの改ざんやシステム全体のダウンが発生していない大変優秀な仕組みです。こうした実績から、ブロックチェーン技術に益々注目が集まるようになりました。

ブロックチェーンを簡単に言うと、資産や取引情報をネットワーク上で分散して保持し、それを共有することでビジネスのプロセスの効率を向上させることを実現するという仕組みです。ブロックチェーンは「次世代型のネットワーク技術」と言えるでしょう。

実はブロックチェーンは、ビットコインの取引だけにとどまらず、さまざまなビジネスの取引の形を刷新する可能性を秘めている技術です。いろいろな業態や業種のビジネスに、ブロックチェーンの技術が適用することが可能なんです。

現在では、取引を行う場合は紙面上で行うことが主流ですが、それをデジタル上で行う方法に時代は移行しています。デジタル上で行われた取引情報をブロックチェーン上に記録をしていくのですが、これを「台帳」と呼びます。この台帳を使って、データと処理の分散を行います。

何故ブロックチェーンと呼ぶのか?

ブロックチェーンでは、取引される情報のことを「トランザクション」と呼んでいます。このトランザクションは、ブロックという形でパッキングされていきます。そして、ブロックチェーンに記録されていきます。ブロックは、10分ごとに新しいブロックとして生成されていきます。このとき、前に生成されたブロックを新しいブロックに関連性を埋め込むことでブロック同士を鎖状に繋いでいくという状態になります。この様子を表現して「ブロックチェーン」と呼ばれるようになりました。

ブロックチェーンの特徴は?

ブロックチェーンでは、もしデータの一部を改ざんすると、チェーン(鎖)に不具合が起こるため改ざんができないという仕組みになっています。また、トランザクションはブロックに登録された段階で、ブロックチェーンに参加している人々から共通の事実として認識されるようになります。つまり、全体の合意が無いと処理が実行されないという仕組みになっているのです。このような仕組みの中では不正が許されることがありません。不正が行われない安全な環境で、処理が自動的に実行されていくわけです。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする