仮想通貨を持っている芸能人まとめ
ホーム > 仮想通貨基礎知識 > 【仮想通貨基礎知識】ブロックチェーンの仕組みについて

【仮想通貨基礎知識】ブロックチェーンの仕組みについて

ブロックチェーンの4つの概念について

ブロックチェーン技術には、4つの概念が存在しています。「分散台帳」「コンセンサス」「スマートコントラクト」「プライバシーと機密保持」という考え方です。

まず、一つ目の「分散台帳」という考え方ですが、ブロックチェーンではデータをサーバーや中央の単一システムなど1か所に保存するのではなく、ビジネスネットワーク上に参加する全てのコンピューターに接続された台帳で共有し、内容を同期させています。こうすることで万一どれか一つのコンピューターが壊れても、前コンピューターが同じデータを持っているため失われることがありません。つまり、保険がたくさんあるということです。

次に「コンセンサス」ですが、コンセンサスには「合意」という意味があります。共有されている台帳は、全体の合意によってその正確性が保証されています。ですので、たとえ謝った情報が外部から混入されたとしても、すぐにそれを検知することができるのです。このことで改ざんや不正取引のリスクが大幅に低減されるのです。全体のコンセンサスがありますので、対立する企業や団体同士でも共同のプラットフォームを作ることも可能となります。たとえ100%信頼関係の無い相手とも協業しやすくなるというのが特徴です。第3者の仲介機関による取引が必須でなくなるので、参加者同士が直接取引を行うこともできます。

3つ目は「スマートコントラクト」です。これは契約を自動化するという意味です。スマートコントラクトには、有形・無形を問わないであらゆるデジタル資産を対象にすることができます。情報は全てネット上にあるので完全にデジタル化することが可能なのです。ブロックチェーンでは価値のあるあらゆるものを対象にすることができ、全てデジタル化することができます。

しかし、こうなると不安視されるのが「セキュリティ」ですよね。重要な情報をネットワーク上で共有するとなると、とても心配です。そこでもう一つの重要な概念が「プライバシーと機密保持」の考え方です。

ブロックチェーンのプライバシーと秘密保持

ブロックチェーンをビジネスで利用する場合は、特定の関係者のみがネットワークに参加できる、「許可型」で構築することが推奨されています。関係者がブロックチェーンに参加するには、認証・認可が必要になるわけです。さらにブロックチェーンではネットワーク内でのやり取りはすべて暗号化されています。このことで、当事者以外がトランザクションの記録や処理の結果にアクセスすることができないようになっています。

実際の取引一例

例えば、ダイヤモンドなどの高価なものの所有権の管理をブロックチェーンで行った場合の事例をみてみましょう。

まず、ダイヤモンドが市場に出た際に、そのダイヤモンドの品質や色、透明度、大きさなどの情報を共有台帳(分散台帳)に記録します。ダイヤモンドを誰かが購入すると、その売買情報も台帳に記録されます。さらに、違法な転売阻止や補償にかかわる情報も同時に台帳に記録されます。

例えば、このダイヤモンドが何者かに盗まれた場合、ダイヤモンドの所有者は今度は「盗難品」として登録をすることになります。ブロックチェーンではこれらの取引情報が取引の都度、分散台帳に記録しますので情報が共有されます。全体の合意のもと、常に正しい情報が共有されているので、例えばインターネット等で盗難品が売買されると、それを購入する可能性がある宝石商は、これが盗難品であることがすぐにわかりますので、その場で警察に通報することも可能になるわけです。

また、このダイヤモンド取引のブロックチェーンに参加する関係者を、「宝石商」「保険会社」「警察」「鑑定人」など、関係者でありながら利害が互いに一致しない立場の人々が全ての情報を共有することで随時更新し、即座に確認し合うことができます。

ブロックチェーンは、まさに取引の革命と言えるでしょう。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする