仮想通貨を持っている芸能人まとめ
ホーム > 仮想通貨基礎知識 > 【仮想通貨基礎知識】仮想通貨の売買方法

【仮想通貨基礎知識】仮想通貨の売買方法

ビットコインの入手方法

仮想通貨の中でもっともメジャーなビットコイン。このビットコインはどうやって入手するのでしょうか?もっとも手軽な方法は、ビットコインを扱っている取引所に口座を開設して購入する方法です。

口座を開いたら、そこに投資金額を入金します。そのお金で、その時点の値段でビットコインを購入するか、買いたい値段を指定して注文を出します。購入したビットコインは、口座内に保管されて好きな時に売ることができます。売買を行う取引所は、このような個人の注文をまとめてマッチングしてくれる場所と考えれば良いでしょう。ただし、取引所といっても実店舗があるわけではなく、取引所もインターネット上にしか存在しません。

販売かマッチングかで手数料が異なる

仮想通貨の取引所では複数の買い手と売り手が注文を出しているので、価格が一致すればそこで売買成立です。売買が成立した場合は、取引所に対して、いわゆる仲介手数料を支払います。この手数料が取引所の儲けになるわけです。

ここで注意が必要なのが、取引所の売買には販売所で行う売買と、取引所で行う売買があるということ。これらの違いは、「誰と売買を行うのか」ということです。販売所とは、取引所そのものを意味します。例えば「ABC取引所」という名前の取引所があったとして、そこから仮想通貨を購入すると言う場合は、ABC取引所が設定した価格で仮想通貨を購入することになります。一方で、取引所での売買は取引所に注文を出している個人と個人の売買です。

例えばAさんという個人が仮想通貨を100円で購入したいと取引所に注文しておきます。また別にBさんという方は、自分の持っている仮想通貨を100円で売りたいと希望しているとすれば、AさんとBさんの希望は一致するわけです。このAさんとBさんの仲を取り持って取引のお手伝いをするのが取引所の仕事。わかりやすく言えば、AさんとBさんがお見合いをするのに取引所が仲介人を行うというようなものでしょうか。関係が成立すれば、取引所は対価として手数料をもらうわけです。これを「マッチング」と呼びます。

取引所によっても、手数料や仕組みが変わります。どちらか選択できる取引所もありますので、売買を行う前に手数料を比べて見たり、どちらが得なのかを調べてから取引をするのが良いでしょう。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする