仮想通貨を持っている芸能人まとめ
ホーム > 仮想通貨の種類 > 【仮想通貨の種類】Lisk(リスク)

【仮想通貨の種類】Lisk(リスク)

特徴

Liskは、2016年5月に公開された仮想通貨です。英語で危険という意味のリスクのイメージがありますが、スペルが違います(危険はrisk)ので、ご安心ください。リスクの最大の特徴は、発行制限が無いということです。通常仮想通貨は発行上限が決まっています。ですが、リスクはそれがないため、毎年コインが新たに発行されていきます。

Liskが他の仮想通貨と違う大きな点は、「言語にJavaScriptを使用」「サイドチェーンを主に使用」ということです。JavaScriptとはプログラミング言語の一つです。WEB上でインタラクティブな表現をする為に開発されたオブジェクト指向のスクリプト言語のことです。また、サイドチェーンとは、複数のブロックチェーン間で仮想通貨などのやり取りを双方向で行い、様々な機能をブロックチェーンに追加する技術のことです。

相場

Liskの単位はLSKです。2018年現在で、1LSKは2,000円前後で取引されています。

難易度

Liskはよくイーサリアムと比べられるのですが、仕組みは他の仮想通貨とさほど変わりません。ただ、言語にJavaScriptを使用していることから、WEB系のプログラマーは参入しやすいとされています。

主な取引所

日本では、bitFlyer、コインチェックなどで取り扱いがあります。ただし、コインチェックは現在ハッキングの被害にあったため営業を停止しています。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする