仮想通貨を持っている芸能人まとめ
ホーム > 仮想通貨の種類 > 【仮想通貨の種類】NEM(ネム)

【仮想通貨の種類】NEM(ネム)

特徴

NEMという言葉を聞くと、多くの方が「ああ、あの芸能人が痛手を負ったやつだ」と思われるでしょう。しかし、NEM事件はNEM自体が無くなったのではなく、NEMを扱っていた取引所であるコインチェックが起こした不祥事です。このNEMにはどんな特徴があるのでしょうか?

ネム(NEM)は2015年に公開された、ブロックチェーン技術を応用して生まれた技術のことを言います。ですので、仮想通貨という概念ではNEMではなくXEM(ゼム)と言います。

ネムはビットコインやイーサリアムと同じように、ブロックチェーン技術で管理されており、本来は不正や改ざんの起きにくいシステムです。通貨の送金はもちろんのこと、イーサリアムで実現されている「スマートコントラクト」も実装可能の通貨で、さらに独自の通貨発行などいろいろとできることの範囲が広い仮想通貨です。

仮想通貨同士の特徴を比べる際に「アルゴリズム」という概念で比較されることが多いのですが、このアルゴリズムとは、数学コンピューティング言語学、あるいは関連する分野において、問題を解くための手順を定式化した形で表現したものを言い、算法と訳されることもあります。

NEMのアルゴリズムは、プルーフ・オブ・インポータンスというアルゴリズムで、「ユーザーの重要度」によって報酬が分配される仕組みになっています。

では、ユーザーの重要度はどのようにして決められるのでしょう?NEMのアルゴリズムでは、「コイン(XEM)の保有数」と「取引の頻度」ということが、「重要度」に大きな影響を及ぼしています。単にコインを持っているだけでもダメですし、コインの保有数が少ないのに取引ばかりを行っているのでもダメなのです。

相場

仮想通貨発行には限度があります。NEMの仮想通貨XEMに関しては、既に上限まで仮想通貨が発行されてしまっているので、これ以上増えることはありません。つまり、取引承認の報酬は、マイニング(採掘)されたコインではなく、「取引手数料」が報酬として支払われます。

NEMの相場ですが、NEM事件もあってかなり急落しました。2018年2月現在では、45円前後で取引されているようです。

難易度

扱いについては、他の仮想通貨と同様ですので難しいわけではないのですが、投資材料としては残念ながらあまり力が無くなってしまっているようですね。今後、NEMについて希望を持つ方が増えて売値が上がれば儲けになりますが、現時点ではなんとも言えません。

主な取引所

日本では、コインチェックとZaifで扱われていますが、現在コインチェック取引所は事実上営業を停止している状態です。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする