仮想通貨を持っている芸能人まとめ
ホーム > 仮想通貨の種類 > 【仮想通貨の種類】Ripple (リップル)

【仮想通貨の種類】Ripple (リップル)

特徴

リップルは、リップル社という会社が発行している仮想通貨です。ビットコイン、イーサリアムに次いで有名な通貨とされています。リップルは主に国際送金に力を入れており、リアルタイムで完結する国際送金の実現のための仮想通貨であると言えます。リップル社が仮想通貨リップルに掲げているテーマは、「グローバルな決済ネットワークを構築すること」「瞬時に確実かつ低コストな国際送金を実現すること」です。

リップルの公式サイトにもありますが、リップルがウリとしているサービスは、「リップルの送金は4秒で完了する」「毎秒1000件の取引を処理できる」という点です。他の仮想通貨よりも数段早く送金ができます。

また、仮想通貨全般の特徴として、(特にビットコイン)分散型台帳で管理をしていると言う特徴がありますが、リップルに関しては、「中央集権型の仮想通貨」と言われています。それは、リップル社が一括で発行している仮想通貨であり、リップル社自身が大量のリップルを保有しているため、価格調整が可能な状態となっていることに由来しています。

相場

リップルの単位は、XRPです。以前はだいたい27円前後で取引されていましたが、現在は100円前後まで上がっています。ただし、仮想通貨の相場の振り幅が大きいことも特徴ですので、今後どうなるか予想がつきません。

難易度

リップルは、ビットコインやイーサリアムなどの著名なコインについで有名な仮想通貨でもありますので、比較的初心者の方でも楽しめる仮想通貨となっています。とはいえ、投資には変わりありませんので、大暴落の危険性もはらんでおり、慎重におこなわなければならないのは、他の仮想通貨同様に言えることです。

主な取引所

日本では、GMOコイン、DMMビットコイン、bitbankなどで扱われています。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする