仮想通貨を持っている芸能人まとめ
ホーム > 仮想通貨と芸能人  »  仮想通貨保持芸能人紹介 > 【仮想通貨芸能人】ロンドンブーツ1号・2号の田村淳も挑戦!

【仮想通貨芸能人】ロンドンブーツ1号・2号の田村淳も挑戦!

【芸能人紹介:田村淳】

1973年12月4日 - )は、日本お笑いタレント司会者ロンドンブーツ1号2号ボケ担当だが、近年はツッコミ担当をしている。山口県下関市彦島出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本興業)所属。

幼少期から目立つことが好きで、幼稚園の学芸会ではダダをこねて主役を譲ってもらったり、中学校のバスケ大会で入場時のプラカード持ちをキャプテンから代わってもらったりしていた。中学・高校時代は当時の人気ラジオ番組『PAO〜N ぼくらラジオ異星人』(九州朝日放送)の常連リスナーであり、『HiHiHi』(RKB毎日放送)のリスナーでもあった。高校時代はクラスメイトの中川司(現・カメラマン)と「馬関(うまのせき)ふぐの助・ふぐ太郎」と言う漫才コンビを組んでいた。また、並行してJUN SKY WALKER(S)のコピーバンドを結成したり、「ジャスティス」というバンドを組んで音楽活動もおこなっていた。

高校卒業後、地元プロダクションの東京事務所に『ふぐの助・ふぐ太郎』のふぐの助として所属。お笑い芸人を目指し上京する。しかし、活動開始早々相方・中川が病気で離脱してしまう。その後一人で芸を磨き、約1年後に10歳年上の男性とコンビを組むが、年齢差を理由に淳の方からコンビ解消を申し出る。その際に同姓だからと紹介されたのが、現在の相方・田村亮である。その後所属プロダクション・吉谷社長の無償移籍快諾で吉本興業へ移籍する。

1998年4月に始まったテレビ番組『暴ロンブー』(毎日放送)の初回の企画において、霊能力者に「髪型が悪い。変えないとトラックの運転手になってしまう。」とのお告げを受けた。当初は金髪の亮に習って銀髪にしようとしたが、銀髪では売れないと言われ今度は髪を切り赤く染めた。ちょうどブレイク時期と重なり、吉本興業が赤髪の淳のキャラクターグッズを大量に生産し、2002年頃まで赤い頭髪だった。2012年に、一度だけ「淳の休日」のインターネット生配信で再び髪を赤くした。

【持っている仮想通貨】

ビットコイン、イーサリアム

【予想資産】

田村さんが所持していたのは、ビットコインとイーサリアムです。しかし、取引していた場所が問題でした。そこが、NEM流出で問題となったコインチェックでした。流出したのはNEMですので、本来田村さんは被害に遭うことは無かったのですが取引所の営業自体が現在停止してしまったので、資産は現在どうなっているのか不明です。

【仮想通貨に対する思い】

田村さんは、青山学院大学受験に挑戦しているので、仮想通貨どころではないかもしれませんが、やはり投資している以上は動向は気になっているでしょう。他にも投資事業をしているので、芸能人としての仕事の他に儲けはかなりありそうですが、コインチェックの社長さんといつかは話しがしたいと公言しています。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする