仮想通貨を持っている芸能人まとめ
ホーム > 仮想通貨と芸能人  »  仮想通貨保持芸能人紹介 > 【仮想通貨芸能人】あのビッグスター、GACKTは仮想通貨に参画!?

【仮想通貨芸能人】あのビッグスター、GACKTは仮想通貨に参画!?

【芸能人紹介:GACKT】

1973年7月4日生まれ、沖縄県出身。男性シンガーソングライター俳優GACKTのファンの総称は『LOVERS』。身長180cm、血液型A型。3歳の頃ピアノの練習を開始し、11歳で一度中断するも14歳前後に友人の影響で再開する。高校でドラムの演奏を始め、卒業後は水商売やディーラー、スタジオの音響などの仕事の傍らドラムのヘルプを続け、京都でYOUとバンド『Cains feel』を立ち上げ、ボーカルを務める

人からの紹介でMALICE MIZERManaKoziに会い、MALICE MIZERへの加入を決め上京、1995年10月から1999年1月にかけて2代目ボーカルとして活動する。日本語、英語、中国語(北京語)、韓国語、フランス語等が話せる。『12月のLove song』は4カ国語(日・英・中・韓)で発表している。

2015年9月4日、ブログマガジンを配信し、いつもサングラスをかけている理由は、目が弱いためであることを打ち明けた。光を調整する機能が壊れており、特に日差しの下だと光を取り込み過ぎて何も見えなくなるほどであると、悲観的ではなく軽い書き方で説明した。

私生活では、自宅内にある道場でパーフェクトボディをキープすべくとても厳しいトレーニングを行い、炭水化物を極力控えた食事を日に一度(基本的に夕食)、専属のシェフが調理したものを一皿ずつ運ばせて口にする。就寝時間は遅く、睡眠時間も大変短い。なお、このトレーニングの影響で握力などの筋力がすさまじい為、彼との握手の際は注意が必要である。現在は生活拠点を日本でなく、海外に置いている。

【持っている仮想通貨】

「SPINDLE」に参画

【予想資産】

GACKTさんは、「SPINDLE」という仮想通貨事業に参画を表明しています。既にある仮想通貨に投資するのではなく、自分で事業を起こすというようなもののようですね。ですので、資産という点ではまだ予想はできません。

【仮想通貨に対する思い】

このプロジェクトは仮想通貨そのものに投資するのではなく、参加者が仮想通貨ヘッジファンドに金を投げ、その運用成果が投資家に返ってくるシステムのようです。SPINDLEと名付けられた事業は、BLACK STARと呼ばれるメンバーが創設した「トークン」で資金調達し、仮想通貨ヘッジファンドで運用する、仮想通貨ユーザーと仮想通貨ヘッジファンドを結ぶ、【仮想通貨出会い系サービス】とのことですが、これに対しては世間からは「怪しい」との批判も。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする