仮想通貨を持っている芸能人まとめ
ホーム > 仮想通貨と芸能人  »  仮想通貨保持芸能人紹介 > 【仮想通貨芸能人】ダウンタウン・松本人志

【仮想通貨芸能人】ダウンタウン・松本人志

【芸能人紹介:松本人志】

1963年9月8日生まれ、兵庫県尼崎市出身。お笑い芸人映画監督作家であり、ダウンタウンボケ担当である。愛称は松ちゃん(まっちゃん)。相方は浜田雅功。妻は伊原凛。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京)所属。

浜田と共に吉本総合芸能学院(NSC)に入学(同校の1期生)。入学当初から浜田とコンビを結成。コンビ名は何度も変わったが、最終的にはダウンタウンとして舞台やテレビ番組に出演。1987年4月に開始した初の看板番組『4時ですよーだ』を皮切りに、翌年には深夜のコント番組『夢で逢えたら』で東京進出。『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』、『ダウンタウンのごっつええ感じ』等では出演のほか番組の企画・構成も担当。

1993年から1995年にかけて、『週刊朝日』に連載していた自身のエッセイ(「オフオフダウンタウン」)が『遺書』及び『松本』として単行本化される。それぞれ250万部、200万部を売り上げる。1990年代後半より、『一人ごっつ』シリーズ(フジテレビ系)、入場料1万円のコントライブ「寸止め海峡(仮題)」、料金後払い制ライブ「松風'95」、コントビデオ『HITOSI MATUMOTO VISUALBUM』など、個人での活動も行うようになる。2000年、自身の原案で『伝説の教師』に主演。

2001年10月4日より、ラジオ番組『放送室』を高須光聖と共に開始し、2009年3月28日の番組終了まで約7年半に渡り放送。2007年、企画、脚本、監督、出演の四役を務めた映画『大日本人』を発表し映画監督デビュー。日本での公開に先立ってカンヌ国際映画祭の「監督週間」に招待された。これに伴い、2008年の東京スポーツ新聞社主催・「第8回ビートたけしのエンターテインメント賞」で話題賞を受賞。

【持っている仮想通貨】

ビットコイン他

【予想資産】

松本さんの保持している仮想通貨の資産はどれくらいか不明ですが、とある番組では「価値が半分くらい下がったけど、自分が購入した時はビットコインは安かったので、損はさほどしていない」と告白。番組ではビットコインの急落の話題を取り上げていましたが、「これ以上下がると嫌なので」と話題を変えてほしそうにしていたとか。

【仮想通貨に対する思い】

松本さんは、興味があったから・お小遣い程度にはなった、という思いがあるようですが、それでも一般人からすればかなり損をしているようです。ビッグマネーになると予想して、仮想通貨に投資したと予想されますので、今後も動向は気になっていらっしゃるでしょうね。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする