仮想通貨を持っている芸能人まとめ
ホーム > 仮想通貨を学ぼう > 【仮想通貨を学ぼう】仮想通貨を副業にできるか?

【仮想通貨を学ぼう】仮想通貨を副業にできるか?

かつて、多くの企業ではサラリーマンの副業は禁止されていました。しかし、今では申請をすればサラリーマンでも副業をしても構わないという会社が随分増えて来たようです。

しかし、許可をされたからといって忙しいサラリーマンがいきなり副業で儲けられるというわけではありません。副業にも時間が必要だからです。

本業に差し支えないように副業を行わなければなりませんので、1日に費やせる副業の時間はせいぜい2~3時間程度ではないでしょうか?coca01.gifまた、サラリーマン以外にも、主婦の方や子育てや介護で忙しい女性にも在宅でできる副業は大変魅力的です。しかしこちらもサラリーマン同様に、副業に費やせる時間は限られてきます。

そこで、注目されつつあるのが仮想通貨のような「投資」です。不動産や株に投資する場合にはそれなりに投資資金が必要です。ですが、仮想通貨の場合はご自分のお小遣いでできる範囲で行うことが可能です。では、仮想通貨のような形式の投資は副業と比べると収入面についてはどうなるのでしょうか?副業で稼ぐほどの収入になり得るのでしょうか?

様々なリスクがある

当たり前の話ですが、投資にはリスクが伴います。特に仮想通貨は投資すればするほどそのリスクは大きいと言われています。芸能人の失敗例でもわかるとおり、多額のお金が一瞬にして消えたということも少なくありません。ですので、仮想通貨についても投資として認識し、そのリスクをよく調べなければなりません。

副業詐欺

最近では、SNSの一層の普及によってフェイスブックやインスタグラムでも副業の宣伝がなされるようになりました。しかし、これには怪しいものもたくさんあるのが現状です。「たった数秒のアンケートで3万円分の商品券がもらえた!」とか「誰でも必ず儲かる方法」などの広告が見られることがありますが、そんなうまい話はそうそう転がっていません。随分規制も厳しくなり、この手の怪しい広告は徐々に無くなりつつありますが、まだ飛びついてしまう方がいるのも事実です。そういう意味では副業についてもリスクがあると言わざるを得ません。副業をするにあたっても、「この会社の副業は大丈夫か」と自分で見極めなければなりません。

仮想通貨=副業にはならない

副業は、正しい業者からの依頼のものをコツコツ行えば、単価は安くても必ず「儲け」にはなります。副業は投資ではなく仕事ですので、頑張れば頑張るほど収入に繋がります。しかし、どうしても目標額に届くまでには時間がかかってしまいますよね。その点、投資であれば上手に売り買いすれば短期間で凄い利益を得ることも可能です。ただし、リスクは伴います。

副業で安全にコツコツ稼ぐか、仮想通貨などに投資して一攫千金を狙うかはもちろんご自身の判断にゆだねられます。ですので、副業と仮想通貨は全く別のものですし、副業に仮想通貨の投資が取って変わるかというとそういうわけではなさそうですね。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする